ブログ

コンサル

クライアントのマーケティング、営業を握ることでコンサルティングの成果を出す

  • コンサル
中小企業の多くはしっかりとマーケティング、営業活動をすることができていません。 しっかりできていないというのは、 ・そもそもマーケティング、営業とは何かを理解していない ・会社として目標、やること、期限などが決まっていない...
コンサル

専門特化のコンサルタントでは成果を出しにくい話

  • コンサル
ここではコンサルタントにおける総合性と専門性についてご説明します。
コンサル

コンサルタントは経営者の言う問題、課題を信じてはいけない

  • コンサル
経営者の仕事は意思決定です。この意思決定に対して、会社を成長させるための方向づけをサポートしていくことがコンサルタントの1つの仕事です。
コンサル

コンサルティング系の資格を取得しても仕事は増えない話

  • コンサル
中小企業のコンサルティングにおいて資格というのは必要なのでしょうか?ご説明します。
コンサル

弱みや短所の改善コンサルティングでは良い結果を出せない

  • コンサル
弱みや短所が改善してもそれは他社と比較をして普通や当たり前のレベルになったという話に過ぎず、それらの改善の結果として、クライアントの会社が大きく前進するかというなかなかそれはないということなのです。
コンサル

頭脳明晰、知識豊富よりも人間性が高いことがコンサルタントには不可欠

  • コンサル
コンサルタントにおいて人間性や人間的な価値基準がなぜ大切なのかご説明します。
コンサル

良い現状把握が結果を出すコンサルティングの第一歩

  • コンサル
コンサルティングの契約開始とともにまずコンサルタントがすることとして、クライアント先の現状把握があります。現状の状態を正確に把握することから全てがはじまります。現状を正確に把握することができないと本当の意味でのクライアントの課題を見つけることはできませんし、課題を間違えて捉えてしまうとコンサルティングの成果を出すこともできませんので、クライアントに良い変化を起こすこともできません。
コンサル

コンサルティングに不可欠なクライアントのあるべき姿の決め方

  • コンサル
コンサルティング契約が開始して、クライアント先の現状把握を終えた後で、それと並行しつつということもありますが、クライアントのあるべき姿ということを決めていく必要があります。
コンサル

コンサルタントに不可欠な聞く力=話をさせる力

  • コンサル
コンサルタントにとって経営者との関係を構築していくことはとても重要になります。 関係構築においてとても重要になるのがコミュニケーションです。 コミュニケーションの取り方、ポイントとして特に聞く力が重要です。ここでは聞く力についてご説明し...
コンサル

売れるコンサルティングのつくり方

  • コンサル
ここではコンサルティングという商品、サービスが売れるようになるためにどのようなことを意識してコンサルティングという商品、サービスをつくればよいのかということをご説明します。 コンサルティングのゴール設定がポイント コンサルティングにおけ...
コンサル

「売れているコンサルタント・売れていないコンサルタントの5つの明確な違い」

  • コンサル
1,200社超の中小企業向けに経営のコンサルティングをずっとしてきました。 そのコンサルティングの経験の中で自社のコンサルティングの変化をはじめ、多数のコンサルタントのご支援の中で売れているコンサルタントと売れていないコンサル...
タイトルとURLをコピーしました